レーゼのブログ

埼玉大学文芸部レーゼのブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
どうも、部長?です。
基本情報を載せ忘れていたので、ここで失礼します。

【1日小説企画要項】

●参加者、時間について
・参加資格はありません。様々な方のご参加をお待ちしております。
・当企画は毎週月曜に開催を予定しております。
・テーマ発表は開催日の午前中に行います。テーマ発表後から当日24:00までが参加時間となります。

●書式等
・Twitterアカウント(@su_literaryclub)を利用します。
・文頭に自身の名前を記入して下さい。(ペンネーム可・個人が特定できないようなものが望ましいです)
・文章末にハッシュタグ「 #twnovel」をつけてください。
・「テーマを捉えていること」「閲覧した人を不快にさせる内容でないこと」この2つを守って頂ければ、ジャンル・文字数は問いません。
・文字数がTwitterの制限を超える際は、はみ出した部分を@ツイートで繋げてください。
・他の人の作品に繋げてリレー形式にしても構いません。(参加される方もご了承ください。)

●部員でない方のご参加
・当アカウント(@su_literaryclub)へ@ツイートする形で作品を投稿してください。RTさせて頂きます。他の書式については前述した通りです。

●と、無駄に形式ばりましたが…
とにかく細々としたものでも何でも、皆さんの作品を見たいんです!自分のものも見てもらいたいんです!
よろしくね!

質問等ある人はコメント欄にお願いします。
スポンサーサイト

独り言を思はず云つて
ハツとして
気味のわるさに
又一つ云ふ (夢野久作)

短歌・俳句、今まで詠んだことある人もない人も! むつめ祭を機会に何首/句か詠んでみませんか?
◯募集するもの
・短歌 ・俳句

音律や形式にとらわれない作品にもチャレンジすると面白いと思います!

2012年のむつめ会誌付属の歌集・句集は、このような形式でした

仕事が早いねとただひたすら言われたい  #川柳



おかげさまで今年も新入部員がたくさん入ってくれて、会誌が盛り上がりそうでよかったです。

……が、比較的小綺麗で整った印象の通常の会誌(本誌)では創作精神的に満足できない、
もっとカオス満載な日々 言語化しちゃお ぶちまけ合っちゃお♪ との声が部内各地で上がっているのも現状であり、
これらの声を放っておくと部員の精神衛生上よろしくないので、本誌とは別の冊子、本誌を太陽とすれば月のような立ち位置として、別冊を発行したいと考えています。

つきまして、みなさんには是非自身のリビドーと内的対話をしてもらって、書きたいのはやまやまなんだけれど、本誌ではちょっと書きづらいなとか、本誌に載せるには下らなさ過ぎるな、というようなテーマやジャンルや書き方縛りなどを意見としてどんどん挙げてもらいたいんです!!

一冊あたりに採用するテーマの数や発行時期(また頻度)などは、意見の数、参加人数の数を見て判断したいと思います。

テーマなどご意見はこの記事にコメントとして書いていってください!!(例は私が挙げておきます)

本誌が「レーゼ」なら、表裏一体として別冊は呼称「ゼーレ」でどうかと考えたりしてます。(どこかできたことある気もするゲリヲン)

まあまだ企画段階ですが、部活に活気をもたらして使途の襲来に備えるためにも、学年問わず気軽にどんどこ参加してくださいね!!!
こんにちは、会長です
メーリスを回しましたがむつめ祭と文フリについてまとめておきます^^

<<11月>>
1日(金) むつめ祭の準備日、授業はないぞ
2日(土) まつり、
3日(日) それはまつりというもの、
4日(月) これがまつりじゃーー!
     文フリも4日です。東京流通センター 第二展示場。→http://bunfree.net/
5日(火) むつめ祭の片づけ日。この日も授業はありません。打ち上げをしますゾ。

月曜日は振替休日なので、今年は3日間の開催期間が休日になります。
交替で店番しましょう


●むつめ号
9/6までに、大学の私のロッカーにください
メール提出の宛先も私です。
テーマは「狐」「神話」
B5サイズ、余白は左右に2cm以上、上下に1.5cm以上あけることを厳守
小説は2段組みです。フォントの種類やサイズは読みやすければ自由。タイトル、ペンネーム、本文の配置で。
基本的に縦書きです。
イラストの人も出来ればペンネームを添えてね

9月中に表紙のラミネートを完了し(会長がんばう涙)、
10月からは製本攻めの日々です。 うわあああ!!1か月頑張るZO
製本のために空いてる時間は活動します。時間場所はその都度メーリスで!
去年の製本を経験してる2年生以上はよろしくお願いします。


●栞のつくり方
http://lesezeichen09.blog66.fc2.com/blog-entry-18.html
もずくのもっくんに教えてもらいましょう☆
こちらの締め切りは10月に。


●文フリ
当日の四日に会場に迎える人、
折り畳みの椅子を持ってる人、
ご協力お願いします^^



以上です

ではみなさん、原稿ファイトですッ
※カテゴリ:連絡は部員向けの内容です


6.14の活動で部員からいろいろ提案がありました。

・より限定的なテーマで創作する(テーマ誌のテーマ風、飴などが抽象的なので)
・設定を規定してそれに従って作る
・しばりを設けて作る(体言止め、会話文のみetc)
・名作のラノベ化(学問のすゝめとか)
・既存作品のミックス(設定や登場人物、文体などのあらゆる要素を混ぜる)
・リレー小説(ブログを使ってもいいですよ)

などなど。
取りこぼしもあると思います すみません
指摘してくれたも…


☆以上の提案を受けて「企画誌」を発行することにしました
以下、5項目にわたってgdgdですが詳細をば。


①「企画誌」トハ
 ・以上の提案をうけて従来の「テーマ誌」とは別に発行するもの。
 ・テーマ誌=部員に配布、むつめ祭や文フリで販売(60部くらい)
  企画誌=部内限定(20部くらい)
 ・特殊な作風・創作手段を喜んで採用。
※実験的、遊び的な作品をテーマ誌に載せてはいけないことはありません

 ・意見交換や比較を容易にするため「企画」内容は共通のものを一応決める。
ただしテーマ誌同様、既定のテーマに従うことは強制ではない。

部内消費ということで、けっこう自由に作れるのではないでしょうか。
パロディとか合作とか面白いと思います。
リレー小説は有志でどうぞ。企画誌を使ってもよいですが後述の通り発行スパンが長いのでブログを使うといいと思います。


②発行スパン
企画誌で扱う「企画」を活動で決め、(テーマ誌よりも余裕をもって?)締切を設定する。
年に一、二回発行? 作品数がたまったら製本する。
もちろん十分な数があればもっと多く発行します


③外部に発表しないの?
・作品数がある程度たまったら、その中から人気作、こだわりの作品などなど外部に推薦したいという作品をまとめた冊子を作る
 もしくは 
・テーマ誌に特別枠を設けて再掲載する、
というのを考えています。
これはページ数、作品数によって都合します。

数うちゃあたるじゃないけど、とにかく試行錯誤できる企画誌なので、ガンガン作ればいいと思うよ。
テーマ誌ともども意見交換もしたいですね。


④第一号はいつ?
 ・むつめのあと、12月か2月。
テーマ誌も通常発行する。企画誌優先ではない。
(あくまで製本についての話です。原稿提出はそもそも強制ではないし、テーマと企画どちらもorどちらかの提出はノープロブレム!)
 ・ちなみに企画誌の製本担当はテーマ誌とは別の人とします

とにかくむつめまでは特装版の製本が最優先です
もちろん個人の創作は自由で構いませんのでガンガン書いてください


⑤肝心の「企画」は?
共通のテーマに従って作ってあると、比較や考察もしやすいかと思うので一応指定します
もちろんこれに従う必要はないです。
前回の活動では内容を 
 1しばり
  →体言止めのみ、会話文のみ
 2ラノベ化
  →学問のすすめ
 3ミックス
  →アリとキリギリス+何か好きなもの
に絞り込みました
多い…のだろうか…?
次回もしくは次々回の活動でもっと絞り込むかも




●企画誌として取り上げなかった提案について
・より具体的なテーマ
 テーマ誌のテーマが抽象的なのは今までも指摘がありましたし改善の余地があります
 「こういうテーマで書きたい」というのがあったら、企画誌でなくともテーマ誌のテーマとして採用したいので、テーマ決めの時に提案してください。
 ただ具合によっては企画誌のほうで採用…す…る…かも……?


こんな感じ?

追加訂正は随時いたします

ふう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。