レーゼのブログ

埼玉大学文芸部レーゼのブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
※カテゴリ:連絡は部員向けの内容です


6.14の活動で部員からいろいろ提案がありました。

・より限定的なテーマで創作する(テーマ誌のテーマ風、飴などが抽象的なので)
・設定を規定してそれに従って作る
・しばりを設けて作る(体言止め、会話文のみetc)
・名作のラノベ化(学問のすゝめとか)
・既存作品のミックス(設定や登場人物、文体などのあらゆる要素を混ぜる)
・リレー小説(ブログを使ってもいいですよ)

などなど。
取りこぼしもあると思います すみません
指摘してくれたも…


☆以上の提案を受けて「企画誌」を発行することにしました
以下、5項目にわたってgdgdですが詳細をば。


①「企画誌」トハ
 ・以上の提案をうけて従来の「テーマ誌」とは別に発行するもの。
 ・テーマ誌=部員に配布、むつめ祭や文フリで販売(60部くらい)
  企画誌=部内限定(20部くらい)
 ・特殊な作風・創作手段を喜んで採用。
※実験的、遊び的な作品をテーマ誌に載せてはいけないことはありません

 ・意見交換や比較を容易にするため「企画」内容は共通のものを一応決める。
ただしテーマ誌同様、既定のテーマに従うことは強制ではない。

部内消費ということで、けっこう自由に作れるのではないでしょうか。
パロディとか合作とか面白いと思います。
リレー小説は有志でどうぞ。企画誌を使ってもよいですが後述の通り発行スパンが長いのでブログを使うといいと思います。


②発行スパン
企画誌で扱う「企画」を活動で決め、(テーマ誌よりも余裕をもって?)締切を設定する。
年に一、二回発行? 作品数がたまったら製本する。
もちろん十分な数があればもっと多く発行します


③外部に発表しないの?
・作品数がある程度たまったら、その中から人気作、こだわりの作品などなど外部に推薦したいという作品をまとめた冊子を作る
 もしくは 
・テーマ誌に特別枠を設けて再掲載する、
というのを考えています。
これはページ数、作品数によって都合します。

数うちゃあたるじゃないけど、とにかく試行錯誤できる企画誌なので、ガンガン作ればいいと思うよ。
テーマ誌ともども意見交換もしたいですね。


④第一号はいつ?
 ・むつめのあと、12月か2月。
テーマ誌も通常発行する。企画誌優先ではない。
(あくまで製本についての話です。原稿提出はそもそも強制ではないし、テーマと企画どちらもorどちらかの提出はノープロブレム!)
 ・ちなみに企画誌の製本担当はテーマ誌とは別の人とします

とにかくむつめまでは特装版の製本が最優先です
もちろん個人の創作は自由で構いませんのでガンガン書いてください


⑤肝心の「企画」は?
共通のテーマに従って作ってあると、比較や考察もしやすいかと思うので一応指定します
もちろんこれに従う必要はないです。
前回の活動では内容を 
 1しばり
  →体言止めのみ、会話文のみ
 2ラノベ化
  →学問のすすめ
 3ミックス
  →アリとキリギリス+何か好きなもの
に絞り込みました
多い…のだろうか…?
次回もしくは次々回の活動でもっと絞り込むかも




●企画誌として取り上げなかった提案について
・より具体的なテーマ
 テーマ誌のテーマが抽象的なのは今までも指摘がありましたし改善の余地があります
 「こういうテーマで書きたい」というのがあったら、企画誌でなくともテーマ誌のテーマとして採用したいので、テーマ決めの時に提案してください。
 ただ具合によっては企画誌のほうで採用…す…る…かも……?


こんな感じ?

追加訂正は随時いたします

ふう
スポンサーサイト
20130615231806426.jpg


春号と銘打ちたいところですが時季はすでに初夏か……

最近じめじめしてますね。
今年度最初の会誌が出来上がりました。爽やかな黄緑をチョイスしたぜ!

<もくじ>

「風」
哀無 渓流と恵風 p4
安藤ゆたか 風が吹いている p5~
碧い空 深夜の出来事 p8~
碧い空 __ p12
陽介 夜駆け p13~
茨城常磐 風車 p16
深井雲行 大気について p17~
月夜乃鴉 とある日のこと p19~

「緑」
利刀 「みどり」 p22~

「テーマフリー」
瀬戸内 櫂 天体観測 p36~
響子 __ p38
伊吹 羊迷 きおくぶく p39~

※無題の作品は__(アンダーバー)に替えて表記しました
※訂正)目次の制作者は会長です


今年度最初の会誌です
一年生は七人入部してくれました!そしてなんとびっくり全員提出☆
ちなみに去年の一年生は一人しか出さなry(会長も落とていた 反省している……)


次の会誌は11月のむつめ祭に向けてのものです!
夏休み中に締め切りを設け、今年もせっせと特装版をつくりましょう☆
<<次回活動:6/14(金) つまり今週の金曜日
   17時から第一食堂(早く来てくれて悪いこともないのよ!)>>




こんにちは、『昼下がりの自習室~会長~』です。

去る6月7日金曜日、日本出版クラブ会館にてとりおこなわれました贈賞式に会長含む二年生二名、一年生二名の四人で行ってまいりましたパフパフ。
北浦和の改札口に集合し秋葉原までぶらりゆらゆら京浜東北。
二年生は眠かった……(Oh)
ちなみにこの時が会長生まれて初めての秋葉原でした 駅で乗り換えただけだけど。
総武線に乗り換え飯田橋まで! そこから会場まで坂道をぶらぶら下って行きました東京の街ってシャレ乙ね…(

普段なかなか他大の学生と話す機会はありませんが、いかがでしたか参加した部員のみなさん。
会誌を発行する頻度とか、部員の創作の傾向とか、そういう文芸部っぽいトークも出来ましたぜ。
(ホモォ……とか言ってないよ! 空耳だよ会長そんなお話してないよ。ピチャピチャ←両生類)

せっかくだから他大の学祭とか行ってみたいけど、どこも同じような日程で無理そうっすね…

贈賞式に行くだけでなく、出場してみるのもいい経験、だね。
書いてばっかりが文芸活動ではないぞ!
→大学読書人大賞→http://www.jpic.or.jp/dokushojin/




さて次回のレーゼツァイヒェンは~~?

          製本です。

                ドンッ


金曜日の昼休みと三限に暇がある人は輪転機へ。
四限、五限があいている方は一食へ。昼の間に印刷をして、製本は17時から開始しますので、それまで第一食堂にて原稿をお守りくださいませ……

いるだけでいい、いるだけでいいんですよ 原稿汚さなければ飲み食い自由だぞ、食堂だし

てな感じでよろしくお願いします!!



BY. 腰が微妙に痛いかいちょー
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。